Ask a Question
GoPro Support Hub Ask a question. Share an answer. Find a solution. Stay stoked.
Announcements
Is your GoPro gear up to date? Check to see If it is on our Update page.

低温環境下でバッテリーの性能を上げる方法

by GoPro GoPro on ‎09-30-2019 09:08 PM - edited 3 weeks ago

問題の内容

カメラのバッテリーは、寒冷な環境では性能が大幅に低下します。 

対象製品

  • MAX
  • HERO8 Black
  • HERO7 Black
  • HERO6 Black
  • HERO5 Black
  • HERO (2018)
  • HERO4
  • HERO3+
  • HERO3

直し方

GoPro はすべてのカメラ、アクセサリー/マウントについて、低温環境下での正式な温度定格はありません。それでも寒冷な環境で利用したいという方のために、カメラの性能を最大限に引き出すためのヒントをいくつかご紹介します。 
 
  • 撮影前にカメラを服の内ポケットにしまい、本体を体温で温めます。注: 予備/バックアップのバッテリーについても同様です。 
  • カメラの電源をオン (スタンバイ状態) にしたままのほうが、オフにした場合に比べ、バッテリーが長持ちする場合があります。 
  • ワンボタン モードは、ヘルメットに装着して撮影する場合に便利ですが、電源オフの状態でリフトで山頂まで上がると、カメラの温度が大幅に下がることになります。 
  • カメラを防水ハウジングに入れて使うと、操作中にカメラが発する熱を利用できます (条件によっては、曇り止めシールが有効な場合があります)。
  • できるだけ新しいバッテリーを使用します。使い込まれた古いバッテリーは、低温環境下ではより一層性能が低下します。そのような環境で撮影する場合は、使用するバッテリーにご注意ください。 


HERO7 Black に関する注意: 画像安定化機能をハイ パフォーマンス モードで使用すると、かなりの電力を消費します。低温時はバッテリーの性能が低下します。このため、極端な低温環境 (0°C 以下) で使用する場合は、次のハイ パフォーマンス モードで HyperSmooth (ハイパースムーズ) 機能および標準安定化機能を利用することはできません。
  • 2.7K 4:3 - 60/50
  • 4K 60/50
  • 4K 4:3 - 24
このような状況が発生すると、安定化機能がサポートされないことを示すメッセージが表示されます。
 

 

HELP ARTICLES
JOIN A GROUP