Ask a Question
GoPro Support Hub Ask a question. Share an answer. Find a solution. Stay stoked.
Announcements
Is your GoPro gear up to date? Check to see If it is on our Update page.

QuikStories のトラブルシューティング

by GoPro GoPro on ‎09-30-2019 09:53 PM - edited 4 weeks ago

QuikStories のトラブルシューティング

 

QuikStories トラブルシューティング

トラブルシューティングの前に、QuikStories が動作するために最低限必要な要件をデバイスが満たしているか確認してください。
  • GoPro アプリ: v4.0
  • Quik アプリ: v4.2
  • iOS バージョン: 9.0
  • Android バージョン: 5.1
  • カメラ FW: 2.51
これは、GoPro アプリで QuikStories を使用した場合に、発生する可能性のある一般的な問題のリストです。

カメラに接続できない:
iOS および Android デバイス
  • 手動モードの場合: 「プルリフレッシュ」を実行して 1 分経過しても取り込みが開始しない場合、アプリを閉じてください。(Android: 左下のハード ボタンと「X」を押して GoPro アプリを終了します。iOS: ホームボタンを 2 回押し、アプリをスワイプします。その後、再起動してスキャンし直します。
  • 自動モードがハングアップした場合、手動モードに切り替え (左のスライドアウトメニュー > 「設定」 > QuikStories 自動モードをオフ)、ホーム画面をプルダウンして再読み込みを行います。
  • 撮影する: アプリに新しいメディアがあることを通知する Bluetooth アドバタイズメントは、気付かずに取り落としている可能性があります。新しいメディアを撮影することで、この Bluetooth ブロードキャストがリセットされます。
  • カメラのワイヤレス機能が無効になっていないか確認します
  • 対象のカメラが携帯電話とペアリングされているか (カメラを取り違えていないか) 確認します。カメラからライブ プレビューを実行して接続を確認します。
  • カメラおよび携帯電話のバッテリー残量が 20% 以上あるか確認します。両方とも 25% 以上確保することをお勧めします。

取り込みがとても遅い:
  • 高ビットレートのコンテンツ (4K など) を撮影する場合、1080 への変更を検討してください。
  • カメラと携帯電話をなるべく近くに置いてください (3 m 以内)。
  • コンテンツの撮影、ライブ プレビューの表示 (アプリにて)、カメラのメディア ギャラリーの表示を行うと、カメラが「ビジー」状態になり取り込みが遅くなります。  この状態が発生してもアラートは表示されません。  自動モードでは (手動モードでも頻繁に)、ビジー状態が解消されるとアプリはダウンロードを再開します。再開しない場合、プルリフレッシュしてください。
  • アプリは、バックグラウンドで取り込みを続行する設計になっています。そのため、ダウンロード実行中もメールをチェックしたり、他のアプリをブラウズしたりできます。携帯電話の OS がダウンロードを邪魔することもあります。アプリのホームページでダウンロードの進捗を確認できるので、停止していた場合にはプルリフレッシュを実行してください。

スマートフォンの容量が不足しています:
カメラからコピーできるコンテンツが十分ある場合、QuikStories はスマートフォンの空き容量をすべて使用します。空き容量を増やすには、コンテンツやアプリを削除します。また、コンテンツから QuikStory を作成してから、Raw コンテンツを削除して容量を解放することもできます。Quik 内では手動で、既存の QuikStory に新しいコンテンツを簡単に追加できます。


カメラがシャットオフされない:
通例、QuikStories は、取り込み開始時に検出されたカメラの状態を考慮します。カメラは取り込み前に検出された状態に戻ります。そのため、取り込み以外の理由でカメラの電源がオンになり、取り込みが開始された場合、QuikStories は取り込み後にカメラを自動的にオフにしません。最終的には、カメラの自動オフ設定 (デフォルトは 15 分間) によってカメラはオフになります。この場合は、シャットダウンを知らせる 7 回のビープ音が鳴ります。

また、取り込み UI によってブロックされることもありません。上記の場合、取り込みの進行状況はカメラに表示されません。ただし、取り込みは表示なしに実行されます。取り込みの進行状況はアプリで確認してください。


QuikStory にコンテンツがない:
バッテリーが切れると、HERO5 は正確なタイムスタンプを維持できない可能性があります。QuikStories が転送するのは、3 日前までのコンテンツのみです。カメラの日時が間違っている場合は、QuikStory でコンテンツが見つからないこともあります。

回避策: コンテンツを撮影する前に、カメラをアプリに接続してください。プレビュー画面も表示されることを確認してください。これにより、アプリで映像のタイムスタンプを正しく設定し、QuikStory を作成できるようになります。


その他のヒントおよびトラブルシューティング

 

HELP ARTICLES
JOIN A GROUP